売却の仕方

手の上の黄色い家

マンションの売却を思い立っても、誰にも相談せずに近くの不動産会社に査定を依頼して、すぐに売却してしまうのは、あまりお勧めできません。複数会社に相談するのが大切です。

Read more »

不動産売却の熟考

部屋

家や土地、土地付き建物などの不動産を売却する検討には、買い替え、相続、引越しなどで不要になったなど様々な理由があります。実際に行う時はしっかりとした見極めが大切になってきます。

Read more »

不動産の価値

家

不動産の価値は可視化できるものだけでは判断されません。例えば地価要素も大きく反映されますし、また近年ではリフォームのすることでより高く価値を高めることも出来るようになっています。

Read more »

オススメリンク



任意売却の流れ

青いドア

即日対応してくれる任意売却をお捜しの方は、こちらのサイトまで!会社の安心度もバッチリなのでオススメです!

離婚する前に、金銭の問題は解決しておきたいものです。自宅はどうするか悩むところでしょう。子供が小学生なら、なるべく転校させたくないから夫名義のマンションにそのまま住みたいと考える妻もいますが、安易に決めてしまっては後悔することもあります。 住宅ローンが残っているならなおさらです。いくら離婚後もローンを払ってくれる約束をしていても、完済まで守られるかどうかわかりません。万が一滞納された場合には、最悪の場合競売にかけられ、強制的に退去となります。住宅ローンの名義を変えることや、妻に支払い能力がないのであれば、思い切って自宅を売却するほうがいいでしょう。 ローンが残っている自宅の売却の場合、売却価格によって手続きが全く違ってきます。

購入時よりも、地価が上昇していれば残債よりも売却価格の方が高いでしょうから、まったく問題ありません。 問題は残債よりも売却価格の方が低かった場合です。この場合は、一旦残債を全額支払って抵当権を解除してから売却となります。しかし不足分の用意ができない場合はどうすればいいでしょうか。 そんなときに利用するのが、任意売却です。任意売却はローンの残債が一括で支払えないが、売却することを借入れ先に同意してもらうことです。そして抵当権を解除してもらいます。この任意売却を利用すれば離婚後の夫側の負担も減ります。養育費などの金額交渉も、有利に進められるかもしれません。 任意売却は、専門業者に依頼してください。不動産の売却だけではなく、金融機関などとの交渉も必要ですので、普通の不動産業者では難しいでしょう。